島原商業が23年ぶり優勝 全国大会出場へ

母校・島原商業サッカー部が第86回全国高校サッカー選手権県大会決勝戦で長崎日大を延長の末に1−0で下し、23年ぶり24度目の優勝を果たしました。

全国大会は12月30日〜来年1月14日に首都圏で開催され、母校・島原商業12月31日の1回戦(14時10分・千葉県柏の葉公園総合競技場)で北越(新潟)と対戦します。

23年ぶりの出場となりますので 関東島商同窓会では一丸となり大応援団を結成して、選手に熱い声援を送ろうと考えていますので、是非、ご参加ください。

島原商業惜敗、北越(新潟)に1-2

母校・島原商業サッカー部が第86回全国高校選手権の1回戦を12月31日、北越(新潟)と戦い、1―2と惜敗し、2回戦に駒を進めることは出来ませんでした。前半30分と後半2分に相次いで失点、2点のビハインドを背負た後半17分にゴールを挙げ猛攻撃を見せますが、反撃及ばず初戦で姿を消しました。

===募金ありがとうございました===

母校、島商サッカー部の「第86回全国高校サッカー選手権大会」出場に際しまして、物心両面により多大なるご支援、ご協力を賜りましたこと誠にありがとうございました。詳しくはこちらのページをご覧ください。

関東島商同窓会は、ステックバルーン200本と小旗30本を手に、オレンジで揃えた応援ジャンバーを着て島商サッカーを応援しました。
 
試合終了後、柏で島商サッカー全国大会出場記念忘年会で盛り上がりました。